アニマルと呼ばれて

creeps ドラマー コダシマの日々
by kodashiman
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

センチメンタル


久しぶりのライブ!
でもって更新。

前回は妙な写真だけでごめんなさいです…

仕事出張で訪れた静岡のフジスピードウェイ。

車が、というよりレーシングカーが大好きで上京して住んでたころ休みの度、平日でも遊びに行ってた。

私が行きはじめた位には既に閉鎖されてたけど、1コーナー奥30度バンク半分残ってた。

1973年中野雅晴、翌74年風戸裕・鈴木誠一のふたりをいっぺんに奪った場所。その74年に閉鎖されて36年が経ち、現在はメモリアルパークとして遺されています。

危険はツキモノであるスポーツ、とりわけスピードが高いためなにかあれば確率は高い。

異次元で走る彼等の感覚が理解できない分、私には魅力的でした。

15年ぶりに興奮して到着しましたが、30度バンクを目の当たりにて少しだけ考え込むアニマルでした。
[PR]
# by kodashiman | 2010-12-06 22:12

-

d0179703_13413297.jpg

d0179703_13413381.jpg

[PR]
# by kodashiman | 2010-11-05 13:41

アニマル的


しばらくライブから遠ざかる雰囲気…

予定ないからね。


全くやることがないわけではない。
竹内にしろショウイチにしろ新曲は盛り沢山である、カタチにならずそのまま半年以上放置されてる曲やら、つい先月スピード完成したモノやら、随分貯まっている。

コイツらを発表できるように育てる時間が必要だ…と思えばいいか。


なんて勝手な言い分ですいません。

充電だわ。


しかし非日常を想うからか早く音を出したい欲求は膨らんでおりまする。

創る時間もまた、楽しいのです☆。
[PR]
# by kodashiman | 2010-09-01 16:00

ケンデケ


体感温度35℃以上あったような気がする。

昨日の外ヶ浜平舘野外イベント。
ステージには日光を遮るもの無し、時間は14時ちょいすぎ、ほぼ無風。

正面からの日差しが強い。

演奏し続け時間が経つごとに汗が止まらない。

しかし辛くなるほどに曲に入っていく感覚が鋭く敏感になっていく。

演奏にのっていくとか、流れるようにとかの感じとは全く別なモノ。

終了後しばらくして抜け殻の余韻を一人楽しんでいた時に、その感覚が戻ったのです。

ありがとう平舘!
[PR]
# by kodashiman | 2010-08-29 18:39

音楽ね


皆様お元気でしょうか。
8月は見事にライブばかりの週末が続いております。

今週末初めての場所で野外イベント。
出演バンドにはご無沙汰や懐かしい方々がちらほら。
テンション上がりますな、楽しみです。

楽器を最大限に鳴らす事に20年。
最小限の鳴りを目指して10年。

まだまだ道のりは険しいですが、地道に進んでおります。
真面目に取り組んで10年程でしょうか?

何事も一気にうまくいくことなんて存在しない事にやっと気づいたこのごろであります。

でも楽しくなくちゃね!

よろしくお願いします。
[PR]
# by kodashiman | 2010-08-25 20:03